大変ですがやりがいは感じられます

自己が仕事をしないと収入が入らず、休みがなかなか取れないこと。
緊急のトラブルやクレームに関しても、休みに関係なく対応となることがあります。
固定客がつかないとやはりしんどいものであり、仕事以外の雑用をすることもしばしばであります。
長期の休みがとりずらく、旅行もなかなかいけないというデメリットがあります。
自身の力が頼りであり、自身の努力が経営に大きく影響を与えます。
その分頑張りがすぐ直接効果や結果につながりそれを肌で感じられるのは、やりがいもアップになります。
スキルアップを考え、努力していきたいと思います。
自身のスキルアップが収益に大きく関係とすることは、プレッシャーとなりますが、やりがいにもなります。
より自身の力に自信がある方には、適していると思います。
より安定を求めるのであれば、やはり自営は選択すべきものではないと思われます。
雇われの方が、安定はしておりあらゆる保証もあると考えられます。
最近の社会では、雇用となる場合でも絶対的安定は難しい時もあります。
自身で会社をやるということは、それなりの覚悟は必要です。
自身のやりたいことが明確で、自信があるのであれば自営もよいでしょう。
雇われであれば、やりたいことに制限があり、時間を要する場合もあるでしょう。
自身のやりたいことをすぐ行えるという点では、自営がよいかもしれません。
雇われと自営がどちらがよいとは言えないでしょう。
どちらにもメリットもあればデメリットもございます。
個々にどちらが適しているのか、吟味し選択としましょう。

私は自営をしていてメリットもデメリットもそれなりに経験しているほうだと思います。自営を始めた頃は資金繰りが大変で、貯金もほぼ使い果たしての起業だったので貯金から支払いをすることもできず、個人事業主でも借りれるローン(個人事業主ローン)を組んで支払いをしていました。その後売上は少しずつ上がってきて、今はほぼほぼ安定してきているので借金もなくなり、会社の資金も増えつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>